FC2ブログ

ビフォアサンライズ 感想 レビュー

ビフォアサンライズ


ヨーロッパの長距離列車の中で出会ったアメリカ人学生ジェシーと、フランス人女学生セリーヌ。ふとしたことから意気投合し,
列車を下車した二人は、翌日の朝までの時間、ウィーンの街を歩き回る。
そんな二人の一日を描いた恋愛映画。

評価が分かれそうなストーリー。
まさに二人の一日を描いた映画で。
ほんと素朴な一日。
それこそどこにでもある恋人同士の一日である。

ストーリーはほぼお互いのこと語り合ったりと会話のみで進行される。
恋人同士の会話を聞くだけの映画と言っても間違いではないだろうか。

そういったのが、心温めるような話だと思うか、そんなの退屈だと思うかである。
僕にはまったく理解できない内容だった。

恋人の会話なんてずっと聞かされても、、
どうしようもない。

見所と聞かれたら、その恋人同士の会話を楽しいと思えるならよい映画になるだろうとは思う。
そういう素朴な話が好きな人もいるだろう。

ただ、ラストシーンがそれなりの評価があるみたいだが。
確かに悪くはないが妥当と言えばそれまでである。

おや睡眠。


監督:リチャード・リンクレイター
主演:イーサン・ホークジュリー・デルピー

予告動画

にほんブログ村 映画ブログ
FC2 Blog Ranking
占い師と詩人
 占い師の予言や詩人の言葉が後半ストーリーに関係するのかと思えばそんなことはなく、日常の一環であった。
 そんな気もしていたが、なにか後半一つちょっとした出来事が起こってほしかった。

ラスト
 なんとなくまた会う約束はするのだろうとは思っていたが、やっぱりな感じで。
 別にそれがダメとかは思わないが、あのシーンが結構評価が高いのはビックリ。

おや睡眠
スポンサーサイト

Tag:ビフォアサンライズ 恋愛映画

COMMENT 0