FC2ブログ

ふたりにクギづけ 感想 レビュー

ふたりにクギづけ


ボーン・アイデンティティーで一躍トップ俳優の一員?になったマット・デイモン主演のコメディ映画。

あまりマット・デイモンのコメディは見たことがなく、新鮮だった。

ストーリーは。腰のところで繋がった結合双生児のボブとウォルトが引き起こすドタバタ劇。
二人は運動神経もよく、ハンバーショップを経営しているが、兄のウォルトはショップの傍らで演劇をしている。
彼はハリウッドに行って映画俳優になりたいと弟に告げ二人でハリウッドで住むことになるのだが。

果たして結合双生児の運命はどうなるのか。

内気な弟ボブと陽気な兄ウォルト。
全然タイプは違うがとても仲のいい兄弟だ。

陽気な兄が楽天家で、ハリウッドでうまく事が運んでいく一方。
弟のボブは結合双生児ってことで思いを寄せていた女性にフラれてしまう。
そんな弟を見ている兄は成功率は50%の手術をしようと決心するが弟のボブは反対する。

そんな兄弟愛も後半描かれる。

中盤は主に兄ウォルトの映画界への進出を描いた物語が中心である。

ただ、この映画のラストは必要がない。
というか長い。
その下りはそこまで長くする必要があるのかと個人的には感じた。

それは見てのお楽しみだが。
そう感じる人も多くはないんじゃないだろうか。

おや睡眠。


監督:ファレリー兄弟
主演:マット・デイモングレッグ・キニア


予告動画

にほんブログ村 映画ブログ
スポンサーサイト

COMMENT 0